カードローンの限度額と金利

カードローンの金利は借入限度額が大きいほど低く設定されています。銀行などのカードローンの案内に金利が何パーセントから何パーセントと幅で記載されている理由の一つは限度額によって金利が異なることがあります。この背景には、限度額が大きい人の方が信用力が高くて、返済が滞る可能性が低いことがあります。少額の限度額しか設定できない人は一般的には年収が低かったり、勤務先が不安定であったり、勤続年数が短かったり、返済が困難になる可能性が一定の確率でありますので、その貸倒を考慮して金利が高めに設定されています。

一方で、限度額が高額な場合には、年収や勤務先が安定している人ですので、返済の確実性が高いために金利も低く設定されています。このような仕組みになっていますので、限度額は高めにして申込をする人も少なくありません。実際に必要とする金額よりも大きな限度額で申込をするのです。銀行などの審査においては、その点は問題とはされませんので、許容できる範囲の限度額で審査は応諾になります。カードローンは利用する都度の資金の使途を確認しませんので、実際の必要額と申し込んだ限度額に乖離があっても審査の上では関係ないということになります。

ピックアップリンク

バンクイック審査